京都 表装裂地 額縁裂地 金襴緞子美術織物 鳥居株式会社

表装裂とは

表具・表装について

古くから名物裂をはじめとするさまざまな裂地が表具地として使用されてきました。
表具は「表装」とも呼ばれ、一般的に掛け軸を指します。
本紙と呼ばれる書画(文字や絵をかいた紙)と、裏打ちされた織物を一体化させ、床の間に掛かるよう巻物に仕立てたものが掛け軸です。本紙には仏画、絵画、書などがあり、それに見合った裂地を組み合わせます。この取り合わせと装丁は全て表具師と呼ばれる職人により完成されます。
表具には掛物以外に巻物や屏風、襖などがあります。
表具は鑑賞のために飾るだけでなく、本紙を美しく永く保つ事も求められます。使わない時には、巻いて桐箱に収納できるよう工夫されています。

表具の歴史

表具は平安時代に中国から仏教(密教)伝来に伴い日本に入り、仏教の布教に使われた仏像画や、曼荼羅絵図の原型を作りました。鎌倉時代から室町時代にかけては、禅宗に関わる書画(文字と絵)の掛軸がひろまり、日本独自の室内様式である遊空間「床の間」が設置されたことにより、その場に合う装飾品として表具の形態が完成されます。
江戸時代に入り茶の湯が栄え、社交の場である茶室に合うように仕立てられた「茶掛表具」も現れ、後に茶の湯と共により一般化され、庶民にも使われるようになります。
表装裂がまだ存在しなかった時期は、法衣や装束を解いて表具用として使用されていましたが、明治15年頃から表装裂が専門に織られるようになりました。

現代は居住空間の様式化にともない、表具は床の間だけでなく壁面を飾るように工夫された「額装」やパテーション(屏風、衝立)などとしても発展していきます。

表具の材料・技法・形

表具は、和紙と裂地を素材に、糊と木などを使用して作られます。表具を作成する上で最も重要な作業は、裂地と紙を古い糊で貼り合わせる「裏打ち」という作業で、表具師の熟練した技術を要します。
表具の形式として一般に大きく三つに分かれ、主として仏画用の仏表具、文人画用の袋表具、そして基本的な形式の三段表装などがあります。

表装裂とは

裂地の組織

織組織の種類には、平織・綾織・繻子織 がある。
平織 … 経・緯が一つ置きに交差している。
綾織 … 一度に3本以上の経・緯が交差する織物で、平織りよりも柔らかで、光沢がある。
繻子織 … サテンともいう。5本の経・緯糸が交差するものを5枚繻子といい経糸かあるいは緯糸だけが 浮いて表面を覆うように見え、綾織より更に光沢に富む。
経・緯糸を単色にした紋織物には、「綾(あや)」、「綸子(りんず)」「文紗(もんしゃ)」などがあり、 経・緯糸を複数色とした紋織物に、「金襴(きんらん)」、「銀欄(ぎんらん)」、「モール」、「緞子(どんす)」、「繻珍(しゅちん)」、「錦(にしき)」などがある。

裂地の種類

金襴・緞子・無地について

表装裂には大きく、文様のあるものと無いものとに分けられる。
紋を浮かして文様を織り表した織物を紋織物といい、金襴や緞子(その他)などの種類がある。
「金襴」は金糸を使った紋織物。
「緞子」は金糸が入っていない紋織物を指す。
  • 『金襴』(きんらん)

    多くは、綾織や繻子織の地組織に、平織で平金糸(箔)を使い文様を織り表した裂地をいう。 平金糸とは、紙に漆を塗り、その上に金箔や金泥、金砂子を置き、糸状に細く裁断したもの。 金や銀を紙のように薄く平らに伸ばしたものを箔といい、色の違いや、漆だけの漆箔などもある。 金砂子は朱を塗った地紙に施し所々朱を垣間見せる事から「朱箔」、また剥がれてきた時の古美表現から「時代箔」ともいう。箔にも様々な種類がある。 金襴には他に、地組織ではなく紗に対して刺繍を施した竹屋町縫いと言われる「金紗」や、裂地に紋型を用いて漆か膠、糊で金箔を押していく「印金」という手法もある。
  • 『緞子』(どんす)

    一般に先染めの絹糸か、キュプラ・綿を用いて織られた紋織物を指す。表面は繻子地の経糸が主として現れ、色違いの緯糸で文様を織り出している。経糸の表出の光沢が美しいことが特徴。 「緞子」以外の無金の紋織物については「錦(にしき)」、「綸子(りんず)」、「紹巴(しょうは)」、「風通(ふうつう)」などがある。糸の色数や地組織が変わる事で表面の見え方が違う。 また、名物裂で紋織物に属さない無地でもない、「間道(かんどう)」という縞物もある。
  • 『無地』(むじ)

    名前の通り単色で仕上がった紋織物でない裂地。「魚子(ナナコ)」、「絓(シケ)」、「䋚(パー)」、「上巻絹(うわまきぎぬ)」などがある。 これらは全て平織で、主に軸装用の天地に使われる事が多い。 魚子には「節魚子(ふしななこ)」、「筋魚子(すじななこ)」、「染魚子(そめななこ)」等、また筋魚子以外は経・緯糸とも同じ太さの糸を使っている事で表具に対して裂地の横使いが可能となる。 絓には「古代絓(こだいしけ)」、「鬼絓(おにしけ)」、「中絓(ちゅうしけ)」、「細絓(ほそしけ)」など、後練(あとねり)・後染(あとぞめ)の製品がある。かつては真綿から出てくる自然な節糸を用いていたが、日本での養蚕の衰退により現在はあえて節を製糸し高価な裂地となってしまった。 「䋚」は糸へんに羽と書き、字のごとく「薄いもの」を意味する。「支那(しな)䋚」、「本䋚」、「上䋚」、「玉入(たまいり)䋚」、「交織本(こうしょくほん)䋚」、「綿支那(めんしな)䋚」などがある。 支那䋚は鋭い光沢のある凹凸の無い裂。綿支那䋚は経糸が人絹(キュプラ)・緯糸が綿の最もフラットな表面で、微妙な色合を数多く揃えている。

裂地の文様

文様(もんよう)という語は、模様(もよう)とほぼ同義で使用されているが、漢字でいう文様の「文」は 飾り、あるいはその飾りの繰り返しによって構成される装飾図形を意味する。表装に使われている裂地は、もともと法衣や装束を解いたものなので、表装用の裂地として製作される場合もそれらを受け継ぎおのずと文様にも本来の衣装が持つ性格が色濃く顕れた。継続的な柄が続いていくか、一つの独立した柄が等間隔に並べられていくか、ほぼどちらかの二通りしか無い。
(文様の種類) 
有職文様
主に公家の調度品や、服飾、車などに用いられた一連の伝統的な文様。
吉祥文様
飾るという意味だけでなく、禍をさけ、幸福を招くという重要な性格を持つおめでたい文様。「鶴亀」「宝尽し」など中国から渡来した裂地が、後に堺や京都の西陣で完成された。
植物文様
唐草、牡丹、菊、桐、松、竹、梅、鶏頭、など。
唐草文様は蔓や茎、葉の絡み合った連続文様が多い。他の植物と絡んだ葡萄唐草などがある。
動物文様
鶴、鴛鴦、鳳凰、龍、亀、獅子、兎、など。
龍は古代中国に起源し、水中から雲に乗って空中を飛翔すると言われる瑞獣。四角に表した角竜文様、二匹を向かい合わせした双龍文様などもある。その他鳳凰は幸運の前触れや、鶴は長寿の象徴を意味する。また波間を踊る荒磯文様や花樹のそばで振り向く花兎も多く見られる。
自然現象
雲、波、 他。
雲を文様化した雲渦文様や霊芝に似た霊芝文様、雷文様などがあり、水文様には観世水、青海波、波間に車輪を配した片輪車文様もある。
道具、他
扇、宝、独楽。
八法を集めた「宝尽し(たからづくし)」。寿の書体を文様化した「寿字文様(じゅじもんよう)」などもある。
幾何学図形
卍、丸、三角、四角、六角、菱、縦縞、横縞、格子、文字。
点線面で構成される「幾何学文様」には縦横の縞、網目、亀の甲羅が六角形に繋がる「亀甲文様」正方形に敷き詰めた「石畳(いしだたみ)文様」、三角が交互に構成された「鱗文様」など様々ある。
しかし表装はあくまで書画を引き立てるために施される装幀で、文様が一番に人目を引いてはいけません。 表装は書画を装飾品となすと同時に、書画の世界を一層拡げ、深める役目を負っています。表具師は書画のために様々な文様を選びます。表装に使われる文様の種類が多いほど、その文様が洗練されているほど、掛け軸をはじめとする表装の世界の奥深さが伝わる事でしょう。

PAGE TOP